ランチが生きがいだなんてさみしいけど美味しい。


by 373lunch

4月17日(木) 彩朶家 (伏見町)

昨日お店を見つけていて 次回行こうと思っていたお店。
場所は三休橋筋を南へ 神陵文庫を東に曲がるとあります。
お店自体は少しへっこんだところです。
d0126960_20312237.jpg

黒板にメニューが書かれています。
d0126960_20351812.jpg

週替も普段のランチメニューも なかなか魅力的なのです。
たとえば カレーうどんとから揚げのセットとか。
ただのとんかつでなくて チーズやシソがサンドされていたり
週替は 油淋鶏と一口カツ。ご飯とお味噌汁 小鉢がついて 750円。
なかなかでしょ。


店内は かわったつくりで テーブルもいろいろ。(↓写真横になっててごめんなさい)
d0126960_20325118.jpg

d0126960_2032874.jpg

上の週替を注文すると あつあつが出てきて嬉しかった。
左が油淋鶏で 右が一口カツです。付け合せには胡椒味のパスタも。
ご飯は少なめで これは男性なら物足らないかな。
小鉢は冷奴でした。隣の人はひじき。
個人的にお味噌汁が塩分ばかり目だってあまりおいしくありませんでした。
インスタントにしてもいまいちでした。
カツやサラダにかかっているソースやドレッシングは少なめで足らなかったし 
油淋鶏の酢がものすごくきつかったのも残念でした。
せっかく魅力的なメニューばかりなのに 私には ちょっとかも・・・というお店でした。

    ■彩朶家
      大阪市中央区伏見町2丁目
[PR]
by 373lunch | 2008-04-17 14:17 | 伏見町