ランチが生きがいだなんてさみしいけど美味しい。


by 373lunch

カテゴリ:読書( 15 )

ランチときどき読書

これも マンガじゃないの。
この人相当オタクじゃないの(ひそひそ)

確かにここ数年のマンガ購入率は 小学生のときのそれより上回っているように思います。
でも気に入って買っているのは3冊だけ。そのうち2冊は料理関係 ←必死!!

これ、マンガではなく 料理本として読んでいますよ。

d0126960_9445755.jpg


きのう何食べた?3巻 よしながふみ

登場人物やストーリーにはびっくりされると思いますが ここは無視してます。
近頃話題のそれ系ですが そんなものには興味がありませぬ ←必死!!
とにかく料理本ですからね。
母も読んでます(どう思ってるか知らないけど、一品作ったとか言ってたな)

今回 鶏手羽の水炊き ・ 肉みそあんかけチャーハン ・ブロッコリーと鶏肉のオイスターソース炒め
これが気になっています。 クレープもでてきたな。
高校生の時バイト(ドムドムバーガー)していた隣がクレープ屋でいつもつくってもらっていました。ツナレタス。以来包むクレープは、甘いクレープよりマヨネーズ味が好きです。(HARBSのミルクレープはべつ)


きのう何食べた?3巻 Amazonプレビュー
[PR]
by 373lunch | 2009-11-03 09:44 | 読書

ランチときどき読書

金曜日の深夜 4チャンネルでやっている 『深夜食堂』 見てますか?

4巻も買ってやっとそろいましたが 11月末に5巻が出るようです。
d0126960_21224649.jpg

1話読みきりですが 以前出てきた人たちが、
その人たちのお話に奥行きが出てきています。
[PR]
by 373lunch | 2009-10-31 21:22 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_0172167.jpg


真鶴 川上弘美

単行本が出ていたので。
鶴の恩返しっぽい話ではありません。どうもそう思って仕方ない。
真鶴って 地名だそうです。

川上弘美作品は 『センセイの鞄』 『神様』 『夜の公園』を以前、読んでます。
えげつないくらいどろどろとしたものをかく 女性小説家がいるけれども
それはそれでそういうの読みたいときもあるしいいのだけれど
彼女は どっちかっていうと いいかんじ。いいかんじがする。いいにおいがする。みたいな感覚で。

神様は短編集なんだけど、ふわふわとした気持ちで読みたい人向き。

真鶴amazonプレビュー
[PR]
by 373lunch | 2009-10-22 00:17 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_2353397.jpg



エルマガジン社から出ている 関西の寺 という雑誌です。
私が仏像を見て 初めて おぉ016.gifと思ったのは タイにある涅槃像
足の裏まで見えます。
キラキラしてまぶしいほどでしたが す、すごい。と思いました。

京都の三十三間堂のたくさんの仏像も 東寺の帝釈天も 奈良興福寺の阿修羅像も
いやいや 六波羅蜜寺の空也上人像も 大学生が心を奪われたという広隆寺 弥勒菩薩半跏思惟像
有名どころや男前どころは数多くありますが この本に載っているのは もう一歩すすんだ仏像
そんな印象を受けました。

でもね、見たくても遠かったり 車じゃないと無理だったり。
なんか残念。誌上でガン見してます。

漫画、聖☆おにいさんが好きな私としては(10/23 4巻でますぜ 笑) 
p58に載っている釈迦(ゴータマ・シッタールタ)が気になります。
耳朶も長くって螺髪(らほつ:ヘアースタイル)もお姿も美しい。
でも和歌山なんだって。遠い。

としをとると 仏像が気になり始めました。 ふぅ。
あ、ランチは多分一生気になります。
[PR]
by 373lunch | 2009-10-11 23:53 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_11383479.jpg


吉原手引草 松井今朝子

これ2年くらい前の直木賞作品です。
著者は 歌舞伎などの制作に携わった人なのだとか。

吉原ものは好きです。土屋アンナの映画にもありましたね。
なぜって 女が一生懸命生きてるようなところが熱いでしょ。
私は冷やっこい人間ですけど。

人情や嫉妬も正直に出ている世の中だから
そこが面白い。

Amazon レビュー
[PR]
by 373lunch | 2009-10-07 12:00 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_16225151.jpg

不自由な心 白石一文

短編集からなる。 
今まで白石一文を読んできた中で 
一番いやあなかんじ。

Amazonレビュー
[PR]
by 373lunch | 2009-10-01 12:01 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_10272448.jpg

一瞬の光 白石一文

平成15年初版
平成21年22版

古い本である
37歳男性が主人公

こうなったら白石一文制覇の勢い

今まで読んできて
■気に入ってるところ
長編小説(これは589頁)
無心に読める
■気に入らないところ
登場人物は男女ともみなエリート
政治的宗教的表現多数 癌 死 お葬式シーンが多い


とにかく今は、無心に読めることが一番
[PR]
by 373lunch | 2009-09-27 10:27 | 読書

ランチときどき読書

京都でのんびり 小林由枝

御朱印帳をはじめたこともありますが、京都の神社仏閣にはできるだけ足を運びたい。
ほんと日帰りで行ける距離なんだしもったいない。最近そう思い始めたのは
年齢のせいでしょうか。


何冊も京都の本は持っているのに 欲しくなるのは、
このすてきなイラストと京都で生まれ育った人の本だから。
d0126960_21244036.jpg

ご先祖さまと関係が深いと聞いている吉田神社には是非に行きたい。
そのイラストがとびきりよかったのも 購入に至るきっかけ。
d0126960_2124408.jpg

[PR]
by 373lunch | 2009-09-17 21:24 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_1721291.jpg

ドラママチ 角田光代

マチは街で待ち
うまいなぁ
こちらも短編集
東京の駅がたくさん出てきます。
そしてなんとなく切ない
[PR]
by 373lunch | 2009-09-15 17:21 | 読書

ランチときどき読書

d0126960_2155543.jpg

すーちゃん 益田ミリ

文庫本になっていたので手元にすーちゃんをおいておきたかったのです

すーちゃんは34歳 独身
マンガですが小説みたいです。マンガを読んだ気が全くしません
自分探しはめんどくさくてできません。
[PR]
by 373lunch | 2009-09-11 21:55 | 読書